福島県須賀川市 小野口木管楽器修理工房は、各種木管楽器の修理・調整・メンテナンスを行っています。

ハリソンリガチャーのネジ切れ修復

ハリソンリガチャーによくある、ネジ切れの修理をご紹介します。
(写真クリックで拡大表示します)

ハリソンリガチャー

クラリネット、サックスで大変人気のあるハリソンのリガチャーですが、ネジ部とH型プレート付近の細い部分が極めて弱く、締めた拍子にそこが切れてしまう故障がよくあります。
「勿体ないから捨てないけど、使えないハリソンをいくつも持っている」という人も多いのでは・・・?

その「ネジ切れ」修理の依頼がありました。

ハリソンリガチャー
クラリネット、サックスで人気のあるハリソンのリガチャーです。


症状

左は問題のないネジ。
右の方は、雌ネジの山がなめてしまい、ネジが空回りして全く締める事ができません。

上のネジ 下のネジ

微妙な違いですが分かるでしょうか。


雌ネジの除去

まず、雌ネジを復元するために穴を広げます。

雌ネジを取り除きます


雌ネジの再生

特殊なサイズのタップでネジを切ります。

ハリソンは「ユニファイ」という規格のネジを使用しています。ここで使用するのは更に特殊なサイズの物です。


広げた穴にタップを立てます
山のピシっと立った雌ネジが切れました。
しかしこのままでは、サイズが大きいのでもう一行程作業します。


それがこうなります。
再生された雌ネジ
正しいサイズの雌ネジが復元されました。


修理完了

ロー付け、研磨等を使わない方法なので、今回の復刻版ハリソンの綺麗なピンクゴールドメッキも全く失われません。雌ネジ部のメッキは失いますが、組み立てれば下の写真の通り全く目立たなくなります。

修理完了


非常にメッキの薄いオリジナルのハリソン・ハーツも、それを維持したまま修理可能です。


powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional